さぁ、言葉からあなたの波動を変えてみましょう!

リコネクション・高次元カウンセラーの*ミモザマナです。

 

a0dcbb0d-345c-401a-8d98-26116a5936d9

 

花曇り(はなぐもり)。

 

今朝のラジオから、心地よく耳に入ってきた言葉です。

桜の咲くころの曇りの日をこのように表現しますが、日本語は、本当にきれいな音の響きをもっています。

 

知っていました?

日本語のひらがなは、とても周波数が高いのです。

 

たとえば、

 

*いろはにほへと ちりぬるを

わかよたれそ つねならむ

うゐのおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑひもせす

 

空海が詠んだとも言われているこの唄。

悟りの唄、神に通じる唄といわれています。

 

唄の意味は、ざっとこんな感じです。

 

*色はにほへど 散りぬるを

我が世たれぞ 常ならむ

有為の奥山 今日越えて

浅木夢見じ 酔ひもせず

 

いろはにほへと(色はにほへど)は、色が匂うではなく、花の色のこと。

花はさくらの花です。

 

どんな栄も永遠ではない。

奥の深い人生、いろいろあるけれど、バーンと超えていきましょう!

欲やこだわりを捨てたら、真の楽しみの境地が開かれる。

 

目を閉じて唄いあげ、読み終えてそっと目を開ければ、読む前とは全く違う、鮮やかな空気感を感じることができます。

 

波動の高い、私たちの日本語。

 

近頃は、言葉を略してコミニュケーションをとることが増えていますが、日本語の綺麗なカタチのままで話すだけで、あなたの周りの波動が自然と高くなり、実り豊かな人生を引き寄せるのです。

 

 

愛と光をあなたに* Mimoza Mana